今人気の自動車保険を大解剖

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスク細分型自動車保険

最近では、多くの保険会社が自動車保険を取り扱っています。
その中の一つに、リスク細分型自動車保険という商品があります。
自動車保険の中でも、主力商品になっている傾向があります。
リスク細分型自動車保険というのは、より細かくドライバーを区分することで、よりその人の実情に即した保険料に設定することができる保険のことを言います。
自動車を運転している人の中には、優良ドライバーと呼ばれるような人も結構います。
そのような人が自動車事故を起こす可能性は普通と比較をすれば、かなり低くなるでしょう。
ならば、保険料を安くしたとしても、保険会社は十分に利益を確保できる可能性が高いということになります。
リスク細分型自動車保険ですが、確かに保険料が安くなる可能性がある人も、いることはいます。
しかしここで勘違いをしてもらいたくないのは、リスク細分型自動車保険に加入をすれば、どのようなタイプのドライバーであっても、確実に保険料を安くすることができる保証があるわけではないということです。
このことについて、きちんと理解していない人もけっこう多いようなので、注意をしましょう。
たとえば、若いドライバーの場合には、保険料があまり安くならない可能性もあります。
10代から20代といった、若い世代のドライバーというのは、スピードをあげた、いわゆる無茶な運転をする傾向が強いといわれています。
このため、自動車事故を起こすリスクが、どうしてもほかの世代と比較をすると、高くなってしまうところがあります。
「自分は違う」と思っている人もいるかもしれませんが、これは統計的に出ていることなのです。
また居住地によって、自動車事故を起こすリスクが変わってくるといわれています。
東京は地方と比較をすると事故を起こす可能性が高いです。
東京の方が交通量は多いですし、道の狭かったり、入り組んだ路地なども多いので、自動車事故を起こすリスクが高いので、保険料はあまり安くならないこともあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2014今人気の自動車保険を大解剖.All rights reserved.